83r838b837b815b83h82p82cc83r83s815b.jpg 83r838b837b815b83h93a995c782cc83r83s815b.jpg 83r838b837b815b83h838283j83858381839383g82cc83r83s815b.jpg 83r838b837b815b83h81408cu8fc98eq.png 83r838b837b815b83h814083k838983x8dec95i.png 83r838b837b815b83h81408ed78bs.png 83r838b837b815b83h814083i838a83w83i838b835e83c838b82cc83r83s815b.jpg 83r838b837b815b83h81408fac8dec95i82cc83r83s815b.jpg 83r838b837b815b83h814083v838d83t83b815b838b82cc83r83s815b.jpg

道の駅ましこ企画展示

藤原郁三の仕事

大地のロマンをもとめて


 

 
 
 
 
 
2019.10.19(土)>12.15(日)
9:00>18:00
※道の駅ましこオープン時間
 
会場:道の駅ましこ企画展示スペース
 

 
日本画を離れ、「陶壁」の世界に入って、早くも半世紀が経ちました。
その内、45年が益子です。
益子の地が私を陶壁作家として育ててくれたのです。
この度、これまでの私の仕事の一端を、当会場でお観せ出来る機会を与えていただき、心より感謝いたします。
「陶壁」は環境芸術の一つで、様々な空間のニーズに答えていくためには、幅の広さが求められます。
従って、私の仕事は様々な展開をしてきました。
これは、もう一つの益子焼でもあります。
益子焼にもこんな世界があったのか。ということを、是非この機会に知っていただければと願っています。
 
藤原郁三
 
 
 

展示内容

▶藤原郁三氏の仕事を紹介するパネル展示、
および現物展示(陶壁の一部、邪鬼等の作品)
陶壁・モニュメント・蛍硝子・陶彫邪鬼・オリジナルタイル・プライベートワーク等
▶陶製太鼓の展示
▶アトリエ・製作工程、図面等のパネル展示
▶藤原陶房門下生の紹介と作品展示
 

イベント

書籍「陶壁-栃木県陶壁事情」出版記念
藤原郁三氏特別講演会
日時:11月9日(土) 14:00~
会場:道の駅ましこ多目的ホール
※参加費無料・予約不要
 

藤原郁三 アトリエ訪問・陶壁ツアー

日時:10月20日(日) 9:30~15:00
参加費:¥4,800
ランチ・おやつ・ドリンク・保険・レンタサイクル代含む(自転車持ち込み可)
申し込み・お問い合わせ:道の駅ましこ
コース▶
道の駅~益子駅~観音寺・益子大仏~町民会館~ランチ~藤原陶房見学~休憩
~コスモス畑見学~道の駅
 


 
企画展示「藤原郁三の仕事展」
主催 | 株式会社ましこカンパニー
企画 | 株式会社オフィスましこのね
協力・監修 | 有限会社 藤原郁三陶房
 

 
道の駅ましこ
OPEN 9:00 - CLOSE 18:00
毎月第二火曜日定休
栃木県芳賀郡益子町大字長堤2271
℡:0285-72-5530

2019年秋 セラミックタイル-Made in Mashiko-展


 

 
 
 
藤原陶房&atoa designによる、オリジナルタイル(オーダータイル)を提案、展示し、オーダー受注会も行います。
メイドイン益子のタイルをご覧いただける機会です。
ぜひお越しください。
 

 
会期;2019.11.1(金)-11.30(土)
            ※11/1-4(陶器市期間)、木金土(23日祝日を除く)のみオープン
時間;11/1-4 AM10:00-PM16:00
木金AM10:00-PM13:00
土AM10:00-PM16:00
   
※オープン日時以外でお越しいただける方は、電話かメールで事前にお問い合わせください。
 
場所:FUJIWARA TOBO VIEWING ROOM
〒321-4102 栃木県芳賀郡益子町芦沼中70 藤原陶房内
tel;0285-72-6373
mobilephone;080-1113-3120
mail;aifujiwara912@gmail.com
企画:atoa design

御礼


 

この度は藤原郁三陶彫展にご来場下さり誠にありがとうございました。
おかげ様で盛況の内に終える事が出来ました。

今回はいつもの『邪鬼』に加えて『狛犬』も加わり、
にぎやかな展示となりました。
ありがたい事に、新春始めの展示として皆様へ
お披露目出来たこと嬉しく思います。

これからも、とどまる事なく新たな挑戦に励んで参りますので、
どうぞよろしくお願い申し上げます。

まだまだ寒さの残る二月。
風邪等召されませんようくれぐれもご自愛下さい。

平成三十一年二月吉日
藤原 郁三
 

藤原郁三陶彫展


 
 
会期

2019年1月12日(土)〜20日(日)

※会期中無休
 
時間
10:00~17:00
 
※1月13日(日)
15:00〜16:00 アーティストトーク
16:00〜 レセプションパーティー
 
場所

佳乃や

〒321-4217栃木県芳賀郡益子町益子3169-1
Tel:0285-72-8717

 
 
 
 

ご挨拶


佳乃やさんで初めて「邪鬼展」をさせてもらってから、早くも四分の一世紀がたちました。
その間モチーフも増え続け、今回は新たに狛犬に挑戦しました。
狛犬も邪鬼の仲間です。
更に一般の人々の守護神となると、沖縄のシーサーとか、路傍の道祖神まで広がります。
いずれも仏や神より身近な存在であり、興味をそそられ、制作意欲がかき立てられます。
今回の展覧会は、亡き佳乃やの小峰彰さんの御意志を繋いでいます。
彰さんへの哀悼を込めて祈りの形も多く加えました。
御高覧くだされば幸いです。

藤原郁三



25年前、うつわのみせ佳乃や開業の翌年に、はじめての展覧会を開催する運びとなり『六人囃子』と題して主人のお祭り仲間の作り手六名に杮落としをお願い致しました。
藤原先生にはこの時はじめて「邪鬼」でご参加いただき、またこの会にあわせて薪窯まで築き出品して下さいました。
この会を機に手捻りから陶彫へと真逆の制作方法に変えて無垢の陶塊の限界にも挑まれております。
3年ぶりの会となりました。窯炊きを重ねるごとに進化する邪鬼たちは、毎回違った表情で皆様をお迎えいたします。
今回もぜひ皆様にお目にかかれますよう邪鬼たち一同心よりお待ち申し上げております。

佳乃や 小峰由佳里
 
 
 
 

atoa select 
第2の手しごと展


 
 
 
会期
2018.11.2(金)-11.10(土)
 
時間
11.2-11.4→10:00-16:00
11.5-11.10→10:00-14:00
 
場所
藤原陶房ビューイングルーム(藤原陶房内)

 

企画|atoa design

 
 
 
 

特別企画1 Euco ジュエリーオーダー会


会期
8,9,10日(会期中)の3日間
 
持込の古い宝石や使わなくなったジュエリーをリメイク致します。
その場でデザイン画を描いてデザインを決めていきます。
(ラフ画、御見積は無料)

 
 
 
 

特別企画2 穴窯


窯焚き予定日
2018.11.6-11.10(展覧会会期中)
 
藤原郁三の陶彫邪鬼を穴窯で焼成します。
赤松の薪を使用し、最高温度1350度にもなる窯のエネルギーは必見です。
ぜひ展覧会と合わせてご覧下さい。
また、窯焚きの手伝い等ご興味のある方がいらっしゃれば、大歓迎です。
ぜひご連絡下さい。
 
仮に、一人の作家の手で行う手仕事を第1の手仕事と捉えた時に、第2の手仕
事は、第1と第2でそれぞれ異なった人の手を加える事で手仕事を完成させるものと考えます。
そんな「第2の手仕事」に拘り、6名の作家を集めました。
また、それぞれの「第2の手仕事」が集まって生まれる新しい展示空間もお楽しみ下さい。

 

パート、アルバイト募集


藤原陶房で制作を一緒に行ってくれる方を募集します。
未経験者も歓迎します。

 

「雇用形態」

パート、アルバイト

※平成31年8月までの期間限定(延長については応相談)

「仕事内容」

主に、当社オリジナル製品の蛍硝子の制作

「給与」

時給1000円(交通費込)

※研修期間として最初の20日は時給850円

「勤務地」

藤原陶房(栃木県益子町)

「勤務時間」

9:00ー18:00のうち、1日3.5時間以上、週3日以上

「資格、経験」

未経験者も歓迎

性別問わず

体力に自信のある方歓迎

「その他」

車、バイク通勤可

時間についてはある程度融通がきくため、育児中の方も、

他に仕事をお持ちの方も働きやすい環境だと思います。

「連絡先」

藤原陶房

電話 0285-72-6373

mail ikuzo@olive.ocn.ne.jp 

御礼


この度は藤原彩人オープンアトリエ&ドローイング展にご来場下さり誠にありがとうございました。
地元の方や、他県からも、様々な方に見て頂き、とても有意義なイベントとなりました。
今後とも、よろしくお願い申し上げます。
 
藤原彩人

土祭2018

土と益子 -この土地で共に生きる-

益子町で行われる、土祭2018に合わせて、藤原陶房敷地内にある、彫刻家藤原彩人のアトリエを公開します。
また、藤原陶房ビューイングルームでも、藤原彩人ドローイング展を行います。
ぜひこの機会に御高覧頂けたら幸いです。
 

 
土祭2018 ア-ト展示

VASE - 空を抱える像もしくは器 -

展示会場|元むらた民芸店
 
発表する新作では、益子町七井地区の地名の由来となったとされる「七つの井戸」の存在からインスピレーションを受け、実体のない「風土」の姿を人体像と重ね合わせ表現する。益子に受け継がれる人々の営みから、生命が継承しつづけてきた命の循環を表現しようと試みる。
 
会 期|9月15日[土]―30日[日]毎日10:00-17:00
 


 

藤原彩人 オープンアトリエ

彫刻家、藤原彩人のアトリエ公開と、ドローイングの展覧会を同時開催致します。
益子にあるアトリエを期間限定で、公開しています。
また同時にアトリエと同じ敷地内にあるギャラリーで、ドローイング展も行います。
土祭で展示する、出来上がった彫刻作品のみならず、アトリエやドローイングを通して、違った視点からも作品を楽しんで頂けたら幸いです。
会 期| 9 月18 日[火]~ 9 月28 日[金](土日祝日休み)
時 間| 10:00 ~ 12:30
場 所|〒321-4102 栃木県芳賀郡益子町芦沼中70(藤原陶房内 藤原彩人彫刻アトリエ及び藤原陶房ビューイングルーム)
電 話| 0285-72-6373
企 画|アトアデザイン http://atoadesign.jimdo.com
協 力|藤原陶房 http://fujiwaratobo.com

御礼


 
 
この度は藤原郁三墨絵展にご来場下さり誠にありがとうございました。
 
おかげ様で盛況の内に終える事が出来ました。
 
今回のような『墨絵』に特化した展示は私の作家人生の中で初の試みでした。
 
この展示を通して、私自身、様々な気付きや発見がありました。
あらためて現在の陶壁も邪鬼もこの日本画がベースになっているという事を深く実感した次第です。
 
これからも原点に立ち返る事の大切さを忘れず、活動を続けてゆきますので見守って頂ければ幸いです。
 
梅雨の季節が間もなくですが、くれぐれもご自愛のほどお祈り申し上げます。
 
平成三十年五月吉日
藤原 郁三
 

墨絵展


 
 
陶壁作家である私は、かつては日本画家だった。
そこから、陶壁作家になって、岩絵の具などの顔料を使って本絵を描くことはめったになくなったが、
陶彫による邪鬼制作に関連して、墨による創作は続けてきた。
何故日本画家からスタートしたのか。
それには日本画家だった伯父と伯母の存在が欠かせない。
伯父は戦時中20代で亡くなった、夭折の画家だった。
そのため、直接面識はなかったが、彼の残された少しの作品とスケッチ、そして弟の若くして亡くなった無念の想いを継いで画家になった伯母を通して知り得たのである。
伯父と伯母、この二人の日本画家の存在が、私がものつくりとして生きていく上で大きな影響を与えてくれたのだ。
今回の墨絵展示はまさに、私のルーツ展とも言える。
御高覧くだされば幸いです。
藤原郁三

 
 


 
会期
2018. 4. 28 () - 5. 7 ()
 
時間
13:30 - 17:30
 
場所
FUJIWARA TOBO VIEWING ROOM (藤原陶房内 )
 
企画
atoa design    www.atoadesign.jimdo.com

 


 

428日(土) 15時より、藤原郁三によるギャラリートークを予定しております。ぜひご参加ください。
※同時開催として BLACK&WHITE展も開催しております。
 
 
藤原郁三は、陶壁作家として40年以上にも渡り、この益子の地で数多くの様々な陶作品を創出してきました。
ここへきて日本画への回帰とでもいうのでしょうか。
墨絵の世界を広げ始めました。
もともと陶壁と邪鬼、
この2つの世界は日本画がベースになっているからこそ、 1人の作家の仕事として成立しているように思われます。
その藤原郁三のルーツとも言える、黒白 2色で表現される墨絵の世界を是非お楽しみください。
 

 
御礼
 

この度はタスタスでの藤原郁三陶彫邪鬼展にご来場下さり誠にありがとうございました。
 
おかげ様で盛況の内に終了することが出来ました。
今回の展覧会はこれまでの作品の集大成を意識した幅広い展示となりました。
そしてこれからも、益々精進し、これまでにない新しい邪鬼の世界を探していきたいと思っております。

今後ともどうぞ温かく見守って下さります様お願い申し上げます。
暦では立春が過ぎましたが、まだまだ厳しい寒さが続いております。
くれぐれもご自愛下さいますように。
 
平成三十年二月鬼知日
藤原郁三

藤原郁三陶彫邪鬼展


 
 
 
挨拶
 
新しい年を迎え、皆様も益々御健勝のこととお慶び申し上げます。
早いもので2001年から始めたタスタスでの邪鬼展も今回で 6回目となります。
邪鬼制作をはじめてから四半世紀が経ち、その間に邪鬼から仏に至るまで様々に表現の幅が広がりました。こうして長い間続けてこられたのもタスタスの嶌野さんを始め、多くの方の支えが合ったからだと、心より感謝しております。
これまでの作品の集大成ともいえる邪鬼をはじめとした陶彫作品の数々、どうぞ御高覧下さい。
 
一月鬼知日 藤原郁三
 
 
 
ギャラリー タス・タス

2018年1月11日(木)~21日(日)
AM11:00~PM6:00
栃木県鹿沼市天神町1709
Tel:0289-64-0022
水曜定休
http://www.tas-tas.com
 

 

最近の仕事


 
「空への矢印」
2017 和泉市立病院 光庭(大阪)

※画像をクリックしてください。
 


「生命の川」
2017 和泉市立病院 エントランスホール(大阪)
※画像をクリックしてください。
 


「石橋総合病院」
2017(栃木県石橋)
※画像をクリックしてください。
 


「芳賀庁舎陶壁移設」

2017 (栃木県真岡市)
35年前の真岡土木事務所の陶壁「群像」を、新庁舎に移設。
他に、米田寛氏、U.G.サトー氏の陶壁も合わせて移設。
本来、建物と共に壊される運命にある作品を、こうして新しい場所で再び長い期間存在させてもらえる事は、作家冥利につきます。
※画像をクリックしてください。
 


地元紙「下野新聞」で紹介されました。
※画像をクリックして読んでください。